食品卸に強い販売管理システム Compiereカスタマイズ版

棚卸基本性能

HOME > 販売管理システムの機能 > 棚卸基本性能

FIFO

FIFOとは「First In First Out」先入れ先出しの意味で、古い部品、材料から先に売りさばくように 優先的にシステム表示されるように設定できます。

標準原価

標準原価を定めることで、製品などの棚卸資産の価額と、売上原価の計算などの基礎が定められます。 コンピエールの管理システムで、予定を定め結果の前に製品の原価結果を見ることができます。

移動平均

移動平均単価の計算式も管理画面でフォーマット化されていますので、 即座にはじき出せます。
移動平均単価 = (受入前棚卸資産の評価額 + 今回受入金額) ÷ (受入前棚卸資産数量 + 今回受入数)

最終仕入原価

主に中小企業で使われている最終仕入原価ですが、 コンピエールでも直前に仕入れた単価を使用して、原価の計算や棚卸資産を即座に表示される機能も持っています。 ※最終仕入原価法とは、棚卸資産の評価方法(法人税法施行令第28条)の1つです。

売価還元

コンピエールUSSは棚卸資産を評価できるシステムも搭載できます。 期末在庫が多品種かつ多量な小売では、それぞれの原価を把握するのは困難なので、売価に原価率をかけて原価とします。

棚卸リスト印刷

棚卸をカテゴリーに別けてリスト印刷する便利な機能です。

棚卸データインポート

棚卸データをCSV、エクセル形式でインポート、エクスポートする機能も持っています。